健康意識

安全安心の面を考えているドッグフード

ヒトが食べるにしても、犬や猫が食べるにしても、それらに一番重要なのは『安全性』です。
安全性が確保されていない商品を口に入れたいとは思わないでしょう。
規制によりそれらペットに与えるフードに関しても、ある程度は安全性が確保されるようになりました。

それを前提として、ドッグフードを選ぶ際に気を付けたいのは、「その犬自身にとって安全、安心かどうか」という点です。
犬によっては、私達と同じように、特定の食品に対してアレルギー反応を示す犬がいます。
与えたドッグフードを嫌がる、吐き出すなどの症状がある場合、まずは獣医師に相談して、アレルギー反応ならばそれに対応したドッグフードに切り替える必要があります。

逆に、犬がいつも与えているエサばかり好き好んで食べて、偏食気味になることもあります。
これも注意です。
健康でいるためには、犬が必要とする様々な栄養素をまんべんなく食べさせる必要があります。

日本では、キャットフード商品に対して、詳細な成分表示、着色料などの使用、原産地などが細かく記載されているものがほとんどです。
犬に合ったものを選ぶことができます。
特に犬のアレルギーに関しては、補助食品のようなものも販売されていますので、そちらを選ぶこともできるでしょう。

参考:ドッグフードの安全性