健康意識

動物病院とペットショップのドッグフード

療養食とはことなり、ペットショップで販売されているものは、いわゆる健康なワンちゃん向けのドッグフードです。
病院で処方されるものではなく、普段は私たちが自分の愛犬に合ったものを選んであげなければなりません。
そのためには、私たちの側に正しい知識が必要です。

適当な餌をあげていると、愛犬の体調不良などに気付きにくくなり、病気にも気付いてあげられなくなります。
重大なサインを見逃す可能性もあります。

例えば市販のドッグフード、時々とても安い商品が販売されていることがあります。
特にネットで安く取引されているものもあります。

しかし、安いからと言ってすぐに飛びつくのは安易です。
そういった商品は原材料の品質が良くない可能性があります。
また、認可されていない輸入品である可能性があります。

この場合、そのドッグフードを愛犬に与えて本当に大丈夫なのか、何か値段以上の健康のリスクは付いてこないか、などの要素を考える必要があるでしょう。
現在は肉骨粉など、重大な添加物は用いられなくなってきました。
ですがやはり品質の悪いドッグフードはまだ販売されています。
私たちの方が気を付けて、本当に犬の事を考えた選択をすべきです。