健康意識

子犬の好みを押さえているドッグフード

ワンちゃんの健康のために欠かせないドッグフード
犬への餌は、どれも同じだと考えてしまうことがあるかも知れませんが、いわゆる子犬むけのドッグフード…というように、犬種に併せてドッグフードを変えた方が良いのでしょうか。
実は、大型犬ではなく、子犬用のものも販売されています。
普通のドッグフードと何が違うのかというと、子犬が消化・吸収しやすくなっている、また抗酸化作用が強い、その他子犬が好んで食べそうな味になっている子犬用ドッグフードが販売されているのです。

そのほかにも、子犬が成長時必要としているタンパク質を豊富に含んだものや、手作りであっても巧みにそういった魚類を混ぜることによって子犬の栄養を真にかんがえてあげられるようなドッグフードを作ることは可能です。
手作りドッグフードを与えることは確かにメリットがありますが、こういった小分けされて管理しやすい子犬用ドッグフードも良いでしょう。
犬がいつまでも健康でいられるようなドッグフードを選んであげたいですね。

ドッグフードは昔と比べて値段は上がりましたが、それ以上に品質がアップしています
安全性も国内の物であれば確保されているので、犬に安心して与えることができます。
危険なドッグフードを選ばない方法についても参考にご覧ください。