健康意識

口臭の事も考えてある頼りになるドッグフード

私達はいつも自分で食事をした後や寝る前などに歯を磨くことができます。
しかし、犬はそれができません。
ペットの歯の病気はとても深刻で、食欲不振や病気などを引き起こします。
オーラルケアは愛犬に毎日行ってあげるべきであり、歯垢を除去する効果のあるドッグフードを用いることもできます。
歯垢が残っているならそれは口臭の原因になるからです。
それを放っておくと、歯周病になります。
そうなると、治療も困難になりますし、犬が餌を食べてくれなくなるかもしれません。

しかし、口臭の強さは内蔵系の病気からきている可能性もあります。
特に高齢犬の場合、そのリスクは高まります。
多いのが腎臓病であり、腎臓が果たすべき機能を果たさなくなってしまいます。
しかも腎臓は回復せず、病気の進行がもっともはやい臓器です。

他の病気が誘発されると命の危険もあります。
一度進行し尿毒症などを引き起こしてしまうとその後は薬などを用いながら治療しながらの余生を送ることになります。
そうならないためにも、毎日の食生活は大切です。
犬が必要としている栄養分をバランスよく与える必要があります。
特定のドッグフードだけ用いるのではなく、冒頭で述べた歯周病を防ぐドッグフードなどバリエーションを持たせることができます。